トップページ
あいさつ
組織概要
無足場による施工解説
クリーニング
点検
中小規模改修工事
講習会・コンサルティング
ビルまもり隊
特別作業
報告書1
報告書2
問い合わせ
よくある質問/無料相談コーナー
組合員紹介
ブログ一覧
メールマガジン一覧
アクセス
プライバシーポリシー
リンク




ガラス外装トラブルバスターバナー

輝く建物へ!




2019年7月31日TECワークショップ報告


2019年1月24日 TECセミナー報告〜外装洗浄テクニカルセミナー(2)


2018年9月25日 TECセミナー報告〜外装洗浄テクニカルセミナー(1)









東京外装メンテナンス
                  協同組合

〒110-0005
東京都台東区上野
   5丁目3番10号
山口ビル204号室
TEL:03-5817-6977
FAX:03-5817-6978









東京外装メンテナンス協同組合メールマガジン -第158号- 2019-07-29


今回のメールマガジンは新規投稿ブログより

「事故には必ず予兆がある」について


6月29日(土)小西浩文さんの講演会を全国家電会館にて開催しました。




「生き残る技術」という小西浩文さんの本は、標高8,000mというエベレスト級の山を酸素ボンベなしの無酸素登山をする方のお話です。人間の限界を超える話なので何か壮絶な話だなと誰でも思うでしょう。そしてその通りなのですが、私が感じたのはリスクを予感するその感性の方でした。
いつもと違う振舞いをする方が事故にあったり、顔色が優れない人がトラブルに巻き込まれたり、更には写真撮影の時に結果として亡くなった方が薄く見えていたりという小西さんの感覚的観察力に興味を持ちました。

窓ガラスクリーニングの業界で労災事故が起こっています。基本的なルールさえ守っていれば事故は起こらないのですが、人間がやることなのでちょっと省いたりとか、いつもは確認するのについ端折ってしまったりとかが原因になっていると思われます。

小西さんが強調されていたのは、「事故には必ず予兆がある」というものです。予兆とは顔つきがいつもと違うとか、メンバーが急に変わったとか、だれかが遅刻をして来たとか、日常的に起きる事柄の中に危険を察知することではないかと思うのです。




つづきは こちら から読むことができます。


東京外装メンテナンス協同組合
http://garakuri.com/index.php

投稿者K.K


よろしくお願い申し上げます。
---------------------------------------------
東京外装メンテナンス協同組合
東京都台東区上野五丁目三番十号
山口ビル204号室
TEL 03-5817-6977
FAX 03-5817-6978
E-Mail info@garakuri.com
---------------------------------------------







東京外装メンテナンス協同組合への
   お問い合わせ・お見積もり等のご依頼は
      こちらをクリックしてください



トップページ
あいさつ
組織概要
問い合わせ
組合員紹介
アクセス
プライバシーポリシー
リンク

特別作業
 
 報告書1
 報告書2
業務内容
   
 クリーニング
 点 検
 中小規模改修工事
 講習会・コンサルティング

組合員
 
株式会社 天草ビルサービス ウィズ 株式会社
エコル 株式会社 株式会社 協和ビルサービス
株式会社 グランドマスタークルー 株式会社 素車ビィー・エス
株式会社 セイワ 株式会社 大昇ビルメンテナンス
  SFビルメンテナンス株式会社


copyright(c) Tokyo Exterior maintenance Co-operative association 2016.Allrights reserved.